マニュアル | FBAキャッチ

【1】基本情報の設定

〔1〕「FBAキャッチ」パスワードの設定

〔2〕日本のMWSのアカウント情報と外国のMWSのアカウント情報を入力

    日本アマゾンでの販売価格やランキング等の情報の取得
    外国アマゾンでの販売価格やランキング等の情報の取得

〔3〕送料などの諸経費の設定

   FBA納品の送料設定
   ペイオニア手数料
   ラベル貼り手数料
   FBA納品の梱包材
   FBA納品代行業者の手数料
   FBA納品代行業者までへの送料

【2】「ASINコード」を取り込みます

〔1〕データを取り込むときは、「何らかの名称(ユーザータグ)」をつけて取り込みましょう。

 取り込む時につけた「ユーザータグ(何らかの名称)」は、編集して分類が終わり、そのユーザータグのなかにASINコードが無くなった場合、自動で削除されます。
 取り込む時につけた「ユーザータグ(何らかの名称)」の一括変更はできませんが、プロダクトインフォ画面で、「ユーザータグ」の追加と削除が個別にできます。
 個別対応として、「ユーザータグ」の削除と追加で名称変更したのと同じ結果をもたらすことができます。

〔2〕データが編集されているかどうかを識別するために、デフォルトのシステムタグを7つ用意してあります。

 編集したデータを「デフォルトのシステムタグ」に振り分ける。

 ◇ 7つのデフォルトのタグ。

 新規に取り込んだデータでも、既に取り込んで編集しているデータがあります。
 そういうデータを見極めるの役立ちます。
 既に編集済みのASINデータは、ASINコードのデーターベースにタグだけが追加されていきます。
 特に、最後の「点検済」のタグを残しておくのは、同じデータを何度も編集するムダを省くためです。

(※)FBAウオッチや出品管理・在庫管理につなげていくステップにもなっています。

 ALL  データベースに収録されている全てのデータを表示します。
 ASINコードを検索するときは、こちらの「ALL」のタグで検索してください。
 出品中  アマゾンに出品中の商品です。
 購入予定  即座に購入し、出品したい商品。
 プロダクトインフォで編集していると、ROI率の高い商品に出会うことがある。
 その場合、即座に出品したくなりますね。
 購入対象  ROI率や在庫回転率を見極めたい商品。
 購入観察  ROI率が低いが、工夫すれば利益がでそうな商品。
 点検済  利益が出そうにない商品。
 この点検済みというタグを設けておかないと、新規に取り込んだASINデータでも、二度三度と編集してしまうことになりかねません。
 編集中  一部のデータをみて作業を中断する場合に利用されてください。
 時間の余裕をみて上の5つのシステムタグに振り分けていきます。

【3】取り込んだデータの検索とソート(整列)させてみる

◇ メイン画面での検索

〔1〕取り込んだユーザータグでの検索
〔2〕Product Info(編集画面)で振り分けたデフォルトタグとユーザータグでの検索
〔3〕個別のASINコードでの検索

◇ ソートできる部分

  海外商品名
  カテゴリー
  海外ランキング
  価格差
  ROI率

【4】取り込んだデータの編集

【5】セラーリサーチによる「ASINコード」の収集

〔1〕セラーリサーチによって「ASINコード」の収集

 「FBAキャッチ」では、キーワード検索による「FBA商品」の抽出機能をつけていません。
 アメリカやカナダなどのアマゾンで、キーワード検索による「FBA商品」の抽出をした場合、日本の商品以外の「FBA商品」も抽出されるためです。
「FBAキャッチ」の最大の目的は、簡単に利益率のある「FBA商品」を選定することにあるので、無駄の多いキーワード検索機能を外しています。
 日本の商品で「FBA」納品されている商品を探す一番合理的な方法は、「FBA」納品を主体としている販売ページを見つけてその情報を取得することです。
 こういうリサーチ方法を「セラーリサーチ」と言って、リアル店舗であれば、競合分析として普通に行われている手法です。
 ヤフオクや e-bay ではウェブサイトから自動で収集しても問題ありませんが、アマゾンの場合、ウェブサイトからツールを使って「ASINコード」を収集する方法規約違反としています。
 そのため、多くのアマゾン輸出のコンサルタントは、「セラーリサーチ」のことを公言しにくい環境になっています。
 塾のようなコッソリと教えることができる環境下、伝えられるわけですね。
「FBAキャッチ」では、ツールを使って、アマゾンのウェブページから自動収集する方法を推奨していません。
「セラーリサーチ」の方法をお伝えしますので、最初は自分でコピーペーストされて試されて見てください。
 アマゾンの規約に抵触しない「セラーリサーチ」のやり方が判ったら、あとは海外に発注されてください。
 この作業を自分ひとりでやった場合、1時間で「1,000件」も収集することができません。
 海外に発注されて、スピーディーに多くの「ASINコード」を集められてください。

〔2〕セラーリサーチを図解 ~ 入り口の商品群から、次の商品への入り方

 日本の商品で、アマゾンJPに登録のない商品がたくさんあります。
 日本での購入リンクを調べ、それをデーターベースに保管していく作業が一番重要です。
 この部分が、ノウハウ中のノウハウ。
 この部分がお金儲けの核心です。
 泥臭い作業ですが、最も確実に最短でお金にありつける方法です。

〔3〕一個の商品で何回もビジネスにしてしまおう、という発想です。

 例えばある100ショップの「B00EGGJT88」、これをタケワリで見てみるとどうかです。

 タケワリのリンクページがこちら→ 「B00EGGJT88」。

 日本のアマゾンで販売していない商品で世界に通用しているデータを、100個や200個集めるだけで、お金になります。

  販売量が多く競争の激しいアメリカで商品を探し、欧州でも商売していきましょう。

【6】操作マニュアルー「ASINコード」収集の依頼

【7】操作マニュアル ー CSV出力と出品用出力

 CSV出力と出品用出力。

【8】操作マニュアル ー CSVの読み込み

 CSVの読み込みの機能はつけていません。

【9】解約手順

〔1〕「FBAキャッチ」の解約の手順。
 課金されないと、1週間後にサイトに入れなくなって終了します。
 サーバーに残されている情報は、全てクリアされてしまいます。

〔2〕MWSの削除要請。

 参考サイト
 http://ama-export.com/amazon%E8%BC%B8%E5%87%BA/amazon%E8%BC%B8%E5%87%BA%E3%80%80mws%E5%A4%96%E9%83%A8%E9%96%8B%E7%99%BA%E8%80%85%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9%E6%A8%A9%E3%81%AE%E5%89%8A%E9%99%A4/